INTERVIEW

エンジニアとして
技術を磨くだけでなく、
プロジェクトの
根本を考え続ける

エンジニアとして<br>技術を磨くだけでなく、<br>プロジェクトの<br>根本を考え続ける

エンジニアとして技術を磨くだけでなく、
プロジェクトの根本を考え続ける

【週末集中コース講師・ふくしまさんインタビュー後編】

こんにちは、ジーズアカデミー東京校スタッフの藤井です!
ジーズアカデミー週末集中DEVコースでPHPの授業を担当いただいている、ふくしまはやとさんへのインタビュー。
前編では講師として、どんなことを大切に講義をいただいているかについてお聞きしました。

後編では、エンジニアとしてのふくしまさんや、卒業生として見るジーズアカデミーについてお聞きします!

gs
藤井

前編にて、長く営業職で働いてから週末集中DEVコースに入学し、現在はエンジニアに転職されたとお聞きしました。
fukushima-san
ふくしま先生

そうです!

gs
藤井

営業からエンジニアへの転職だと、仕事の進め方がかなり変わったんじゃないでしょうか?
fukushima-san
ふくしま先生

変わったかもしれないですね。営業は基本的に個人プレーですが、エンジニアはチームプレーのほうが多いと思います。例えばフロントとサーバーサイドでも皆が皆違うことやってたらだめで、方針のすり合わせが必要なんですよね。

gs
藤井

なるほど。
fukushima-san
ふくしま先生

規模にもよりますけど、超凄腕エンジニアじゃない限りチームで開発をしていることが多いし、連携は営業よりも必要かもしれないです。

gs
藤井

チームの中でエンジニアとして開発するうえで、大切にしていらっしゃることはありますか?
fukushima-san
ふくしま先生

可読性の高いコードを書くことですね。端的に、誰が見ても分かりやすいものを書く。他の人も読みやすいようにという優しさと同時に、自分が後から見返しても理解できるようにという意味で心がけています。

gs
藤井

連携をする上で大切なことですね!
fukushima-san
ふくしま先生

あとこれは少し質問から離れてしまうのですが、エンジニアが不要なら登場せずに済むようにしたいと思っています。

gs
藤井

というと…?
fukushima-san
ふくしま先生

毎朝出社したときにチャットで「おはようございます」と書くルールがあったとします。それがだんだん億劫になってきて、出社時にドアを開けたら自動で顔認証して、出勤した各社員の「おはようございます」が投稿されるようにしよう!となり、エンジニアが専用アプリを開発する・・・なんて流れがあるとするじゃないですか。

gs
藤井

ふむふむ。
fukushima-san
ふくしま先生

そういう時に、そもそもそのルールはいらないから、その工程もいらないよねと思える目線を持っていたいんです。

gs
藤井

なるほど。手段だけではなく目的にも目を向けよう、と。
fukushima-san
ふくしま先生

エンジニアは技術で解決できることが多いですが、技術に頼りすぎず、考えることを止めず、問題の根本を考えることは常に大切にしたいと思っています。

gs
藤井

ありがとうございます。
gs
藤井

次は、卒業生目線で見たジーズアカデミーについてお伺いします。どんな方がジーズアカデミーに合っていると思われますか?
fukushima-san
ふくしま先生

創り上げたいものがある人、明確に作りたいという気持ちがある人は誰でも、だと思います。逆に、何となくエンジニアって楽だと聞いた、みたいな動機だとジーズは大変かもしれないですね。

gs
藤井

モチベーションは大切ですね。
fukushima-san
ふくしま先生

そうですね。手取り足取り教えてくれるところではなくて、背中を押してくれたり支援してくれる場所だと思っています。

gs
藤井

ジーズアカデミーは自走力をつけることを大切にしていますもんね。
最近はプログラミングを学ぶ方法が増えてきていますが、ふくしまさんはジーズの特色は何だと考えますか?
fukushima-san
ふくしま先生

特色はやっぱり、GGA(Global Geek Audition/ジーズアカデミーの卒業制作デモデー)があることですね。企業の採用担当とか投資家が集まって大規模に審査する、スカウトがあるなんて機会は、自分調べですけど他の学校にはないと思います。

gs
藤井

そう仰っていただけて嬉しいです!熱量のあるイベントですよね。
fukushima-san
ふくしま先生

あと、メンターについてもらって卒業制作を作る過程もいいですね。こちらも刺激的です。起業とか新規事業立ち上げとかを目指してる人はジーズがいいと思います。

gs
藤井

0からのサービス作りを実践できますもんね。
fukushima-san
ふくしま先生

はい。自分で作りたい、という気持ちさえあれば人は自然に自走していきます。
自分で考えて行動する方はジーズで楽しく自走できると思うので、そういう方はぜひ来てください!

他業種からエンジニアに転職し、平日はエンジニア・週末は講師として活躍するふくしまさん。未経験からでも諦めずDeployを重ねることで、道が拓けるということがお話をしていて伝わってきました。
また、技術に頼りすぎず事の根本を考え続けたいという言葉は、ふくしまさんがこれまで重ねてきたご経験があるからこそのものだと思います。

卒業後も愛をもってジーズアカデミーのコミュニティに関わり続けているふくしまさんのように、ジーズアカデミーの熱量高いコミュニティはジーズに関わる全ての人のおかげで拡大・成長を続けています。
そんな人たちをこれからも増やすことができるように、背中を押す場所であることができるように、私たちスタッフもサポートを続けていきます。

RESERVATION

学校説明会(無料)予約

まずはここから。仕事がある方も参加しやすい平日夜・土日に開催!オンライン説明会も選択できます。

10月開講!説明会はこちら