INTERVIEW

未経験から
フロントエンドエンジニアに
-今フロントエンドエンジニアに
求められること-

未経験から<br>フロントエンドエンジニアに <br>-今フロントエンドエンジニアに<br>求められること-

未経験からフロントエンドエンジニアに

-実体験から見える、今フロントエンドエンジニアに求められること-

こんにちは、G’s ACADEMYスタッフの大堀です。
プログラミング学習者数が増えてきた昨今、未経験からエンジニア転職を目指す方も多いのではないでしょうか。
今回は現役フロントエンドエンジニアであり、プログラミングを学習したのちに未経験から自社開発企業のフロントエンドエンジニアに転職された甲斐さんに、その実体験を聞きました。

xxx 埋め込み wordpress

甲斐 匠平さん

Shohei Kai

ウェブエンジニア。熊本出身の36歳。
前職の社内エンジニアの働き方に感化されエンジニアへの転職を志し G’s TOKYO DEV10期生として入学。卒業発表会 (GGA) で声をかけてもらったHRベンチャー企業へ卒業後にジョイン。新規事業の開発に主にフロントエンドとして携わる。
Twitterはこちら

フロントエンジニアの仕事全体像と働き方についてはこちらをご覧ください!

kaisan
甲斐さん

今回もよろしくです。

gs
大堀

フロントエンドエンジニアにはどんなスキルが求められるのでしょうか。
kaisan
甲斐さん

会社の開発体制や業界などによって一概に言えない部分もあるので、ぼくの身の回りの話をしていきますね。

gs
大堀

お願いします。
kaisan
甲斐さん

ぼくはHR系ベンチャー企業に所属していて、主に自社サービスをチームで開発しています。この環境でフロントエンドエンジニアに求められるのは、まず技術面ではHTML,CSS,JavaScriptを理解していることが挙げられます。

gs
大堀

技術面ではHTML,CSS,JavaScriptが必須と。
kaisan
甲斐さん

これらがないと実装できないので必須ですね。
また、プログラミングスキルに加えて一定のコミュニケーションスキルも求められます。

gs
大堀

どんな場面で必要なんですか。
kaisan
甲斐さん

ひとつは開発チーム内でのコミュニケーションです。チームで開発を進めていくので、こまめなメンバー間の連携はとても大切なんです。

gs
大堀

なるほど。
kaisan
甲斐さん

ふたつめに、開発者ではない他部署の方とのコミュニケーションが頻繁に発生します。同じ開発者でもフロントエンドはその性質上、バックエンドよりも他の部署の方と話をする場面が多くなるんですよ。

gs
大堀

連携しながらプロジェクトを進めていく頻度が多いということですか?
kaisan
甲斐さん

連携して進めることもありますが、webに関して開発者以外が分かる部分ってフロントエンドだけなんです。バックエンドは目に見えないから分からない、フロントエンドは皆ひとりのユーザーでもあるのである程度意見をいえるからですね。

gs
大堀

確かにフロントエンドはなんとなく意見が言えますね。
kaisan
甲斐さん

なので必然的に他部署の方が意見を出してくれるのはフロントエンドが多くなります。

gs
大堀

開発者以外も理解できるように伝えることも重要になりますね。
kaisan
甲斐さん

はい。あとは、デザインに対する自分なりの理解をもっていると尚良いかな。
自分なりの理解があると、デザイナーと向き合ってディスカッションができますよね。そこで新たなアイデアが生まれると、最終的により良いサービスを開発できることにつながってくるんです。

gs
大堀

開発スキル、コミュニケーションスキル、あとはデザインに対する理解が大切、と。

求められるスキル

開発スキル(主に)HTML,CSS,JavaScript
コミュニケーションスキル
デザインに対する自分なりの理解

gs
大堀

甲斐さんはフロントエンドエンジニアになるために、どのようなことに取り組みましたか。
kaisan
甲斐さん

ぼくはジーズアカデミーの週末DEVコースに通いながら半年かけてプログラミングをゼロから学習しました。ちょうど前職を退職した時期に入学したので、毎週起きている時間はほとんどプログラミングをしていました。

gs
大堀

おお、相当な時間をかけられたのでは。どんな学習スタイルでした?
kaisan
甲斐さん

当時はフロントエンドもバックエンドも両方とも学習をしていました。はじめてプログラミングと向き合ったこともあったのでとにかく興味が沸くこと、面白そうなことは全部手を出して学習しました。効率の良い勉強法だったかといわれると微妙なところですが。(笑)

gs
大堀

好奇心の赴くままに突き進んだわけですね。
kaisan
甲斐さん

はい。そうやってフロントエンドもバックエンドも両方学習していった中で、さらにフロントエンドと向き合っていきたいと思うようになっていきました。

gs
大堀

ふむふむ。ちなみにもう一度ゼロから学習するならどんな学習スタイルが良いと思いますか。
kaisan
甲斐さん

うーん、もう一度ゼロから学習するならひとつの領域に特化して深く勉強をするかな。そのためには強い目的意識が必要になるので、できるだけ早く目的を明確化させる努力をすると思います。

gs
大堀

いろんな方を見てきて、目的の有無って本当に学習成果に直結しますよね。
kaisan
甲斐さん

もちろん興味のあること全部手を出して学習していくのもいいのですが、未経験からエンジニア転職するなら限られた時間の中でどこまでとがった武器を身に着けられるかは重要だと思うんですよね。なのでぼくもできるだけ早く目的を絞り、そこに集中していくのが良いと思います。

kaisan
gs
大堀

フロントエンドエンジニアの市場ニーズは実際どう動いていると感じますか。
kaisan
甲斐さん

常に一定のニーズが存在し続けている印象がありますね。
特にwebサービスを開発するときはバックエンドもフロントエンドも両方が必要になるので、フロントエンドだけニーズが減るとか、バックエンドだけニーズが減るとか、そういう話はしばらくはないのではないでしょうか。

gs
大堀

2020年以降の急激なデジタルシフトの影響などはあったりしたのですか?
kaisan
甲斐さん

ぼくのまわりではそれほどなかったです。もちろんフリーランスで業務委託としてジョインしているとか、雇用形態によっては多少の変動はあるようですが。

gs
大堀

あと、エンジニアは比較的転職する方が多い職種だという話をよく聞きますが実際どうですかね。
kaisan
甲斐さん

全員がそうではないですが、間違ってはいないと思います。そのチームで吸収できるものを吸収しきったら次のステージを求める、ということひとは一定数いるかと。

gs
大堀

ふむふむ。
kaisan
甲斐さん

例えばベンチャー企業ではチームで大きなサービスを一つリリースしたあと、しばらくスピードがゆっくりになる時期があったりします。リリースするまで新しい技術を積極的に取り入れてガンガン挑戦してきたのに対して、開発がひと段落するとどうしても技術的な挑戦が減るんですよ。

gs
大堀

なるほど。
kaisan
甲斐さん

ちょうどプロジェクトを乗り切った達成感のある時期にも重なるので、そのときに次のステージを考えることはあるようですね。

gs
大堀

最後の質問です!
フロントエンドエンジニアとして活躍するのはどんな方が多いのでしょう。
kaisan
甲斐さん

まずは技術的な探求心、好奇心が強い人は活躍しています!
前回の話でも触れましたが、フロントエンドの世界では年間で数十ものフレームワークが生まれているので新しい知識をいち早くキャッチして発信している人は活躍している人が多いです。

gs
大堀

新しい技術を吸収している人とそうでない人で年々差が開いていきそうですね。
kaisan
甲斐さん

面白い部分でもありますけどね。フレームワークだけではなく、ユーザーの要望も毎年のように少しずつ変化しています。そういったトレンドまで押さえることができる人も、活躍しています。

gs
大堀

確かに面白い世界です。
kaisan
甲斐さん

あとは、エンジニアとしてユーザーと真剣に向き合っている人はとても重宝されます。どの職種でも同じだと思いますが。

gs
大堀

同じ職種でも人それぞれ長所を活かして活躍されているんですね!
kaisan
甲斐さん

話の続きで、キャリアパスもその人の長所、性格によって色々な選択肢があるかなと思います。

gs
大堀

どんなキャリアパスがあるのでしょうか。
kaisan
甲斐さん

エンジニアをまとめるマネージャー(管理職)につく人もいれば、技術的にチームメンバーを引っ張っていくリードエンジニア(肩書はあくまで開発者)、他にももっと上流工程でどんな仕様のプロダクトを開発するか決めるプロダクトオーナーになる人もいます。

gs
大堀

フリーランスや副業という選択肢もありそうですね。
kaisan
甲斐さん

もちろんです。最近はリモートワークの働き方が普及してきてフリーランスの求人も増えてきました。今までは出社必須だった案件もリモートで対応可能、とか。
副業に関してはもっと敷居が低くて、ぼくの身の回りでも3 ~ 4割の人は副業しているかな。

gs
大堀

多いですね!
kaisan
甲斐さん

珍しさはないですね。(笑)
エンジニアは営業等と異なり場所を選ばず働けるのと、専門性の横展開がしやすいんです。大抵の会社の開発は聞いたことのあるプログラミング言語を用いて開発しているので、それを自分が扱えれば支援できます。なので他の職種に比べてハードルが低いんです。

gs
大堀

一つの組織内でのキャリアパスに加え、独立したキャリアへのハードルが低いのはとても魅力的に感じました。本日はありがとうございました!
聞けば聞くほど未来の可能性を秘めた職種であると同時に、日々変化する業界で自律して動くことが求められることを話の節々で感じました。

週末集中DEVコース
起業家を数多く輩出してきた「授業料後払い」の週末集中コース。フロントエンドからサーバサイドまで総合的に学び、オリジナルWebサービスを創り上げる実装力を身に付ける。メンターと共に企画を深堀りし、自らの手でセカイを変えるプロダクトを生み出します。

プログラミングを武器に自分自身のキャリアレベルを高めたい。そんな思いをお持ちの方は、ぜひジーズアカデミーの説明会へお越しください!

RESERVATION

学校説明会(無料)予約

まずはここから。仕事がある方も参加しやすい平日夜・土日に開催!オンライン説明会も選択できます。

10月開講!説明会はこちら