INTERVIEW

工事現場での写真管理を限りなく
スマートにする工事写真共有
ホスティングサービスPhotoruction
中島貴春氏×えふしん氏【後編】

工事現場での写真管理を限りなく<br>スマートにする工事写真共有<br>ホスティングサービスPhotoruction <br>中島貴春氏×えふしん氏【後編】

工事現場での写真管理を限りなくスマート
にする工事写真共有ホスティングサービスPhotoruction
中島貴春氏×えふしん氏【後編】

ジーズアカデミーのサイトにお越しになる「起業を目指す方」「エンジニアを目指す方」に向けて、役立つ情報をお送りします。 ジーズアカデミーでは、卒業生の制作発表の場として『GLOBAL GEEK AUDITION』を主催しています。6ヶ月間の学びの集大成であるプロダクトを参加者が思い思いにプレゼンし、企業の採用担当者やVC担当者の投票により、優勝者が決定する仕組みです。 2015年10月におこなわれた第1回では、建設現場の工事写真を撮影、管理するサービス「Photoruction」が1位を獲得しました。今回は制作者である中島貴春さんと、中島さんのメンターを担当された藤川真一(えふしん)さんにお話をうかがいます。インタビュー場所はえふしんさんがCTOを務めるBASE株式会社のオフィスです。 前半では、Photoructionの特徴やサービスが誕生した経緯、また今後のビジネスプランについて、後半では、中島さんの起業のきっかけやジーズアカデミーで得たことをお訊きしています。

xxx 埋め込み wordpress

Photoruction 製作者
中島貴春さん

1988年、群馬県出身。2013年、芝浦工業大学大学院建設工学専攻を修了後、大手建設業に入社。 大規模建築の設計および工事現場での現場監督に従事した後、工事現場で使用するシステムの企画や開発、調達を担当する。 2015年にジーズアカデミー第一期生として入学し、プロダクト発表会『GLOBAL GEEK AUDITION』では、建設現場の工事写真を撮影・管理するサービス「Photurction」を発表、1位を獲得。

xxx 埋め込み wordpress

BASE株式会社CTO/G’s Academyメンター
藤川 真一(えふしん)さん

1973年、埼玉県生まれ。高校時代からパソコン通信に興味を持ち、コミュニケーションを提供する仕事に就くことを考え始める。 芝浦工業大学工学部電気工学科卒業時はFA装置メーカーに就職し、本格的にプログラミングに取り組む。その後、デジタルハリウッドにてHTMLを学んだ。 2000年、Web制作会社の社長に誘われて転職し、Flash制作や動画ストリーミングのコンテンツマネージメントシステムに携わった。2006年、個人向けのネットサービスを提供していた paperboy&co.(現GMOペパボ) に転職。 paperboy&co.所属時に、個人で、モバイル端末向けのTwitterウェブサービス型クライアント『モバツイ』の開発と運営を開始する。 2010年には、想創社(マインドスコープに社名変更し、後にjig.jpに吸収合併)を設立し、代表取締役社長を務めあげた。 想創社(version2)を設立したのち、2014年からはBASE株式会社のCTOに就任

G’s ACADEMY

中島さんは、なぜ起業しようと思われたのですか?

中島さん

もともとジーズアカデミーに入学した当初は、 起業を考えていませんでした。 しかし頭の中のイメージが形になっていくうちに、 サービスを普及させるためには法人化が必要だと 実感しました。「Photoruction」のような BtoBサービスは、個人でいくら頑張って営業した としても、法人相手には見向きもされないからです。

G’s ACADEMY

その想いとさらに起業までに 後押しになったこと ってありますか?

中島さん

そうですね。僕の考えに共感して一緒にサービスを開発してくれる 仲間がいたことも、理由のひとつです。 「Photoruction」はIOSアプリありきのサービスとして考えて いたので、経験のない僕一人では作れません。 そこで、エンジニアである仕事仲間に、ジーズアカデミーで制作した作品を見せながら、 「一緒にサービスを作ってくれない?」と声をかけました。

中島さん

最初は趣味として参加してくれていましたが、休みを犠牲にして 手伝ってくれる仲間の姿を見て、サービスを考えた自分が 一番真剣にならなくてはいけないな、と感じました。

G’s ACADEMY

いいお仲間ですね! どんな方なんですか?

中島さん

彼は、受託の形で業務機関システムを制作しています。 建設系のシステムもたくさん制作していて、 業界知識もあり、タッグを組むのに 最適な人だと思っています。

G’s ACADEMY

周りを巻き込んでいったんですね! 他にも後押しになったことが ありそうなのですが…

中島さん

はい!何よりも、GLOBAL GEEK AUDITION で1位になれたことが、僕の背中を押してくれました。 それをきっかけとして、いろいろな人に声をかけてもらい、 起業の話がリアルになったんです。

G’s ACADEMY

GLOBAL GEEK AUDITION で1位になると、 シリコンバレーでインターンする権利を 獲得できると聞きました。

中島さん

インターンは、4月から3週間の日程で行く予定です。 チャットワーク株式会社の代表である山本敏行さんと、 ご一緒させていただくことになっています。

えふしんさん

山本さんも、BtoBサービスの人ですよね。 「Photoruction」もBtoBのサービスだから、 相談しやすそうなイメージがありますね。

中島さん

そうなんです。 山本さんの考え方を学びたいな、と思っています。 そして、シリコンバレーには建設系のベンチャーが いくつか立ち上がっているそうなので、山本さんと そういったことについてもお話したいですね。

G’s ACADEMY

中島さんは、プログラミングを 学ぶ場所として、なぜジーズアカデミーを 選んだのでしょうか?

中島さん

ジーズアカデミーに入学を決めたのは、メンター付き でサービスを作れたからです。

G’s ACADEMY

もともと作りたいモノがあったのですね。

中島さん

ありました!もともと学生の頃から、 「建設×IT」には興味を持っていました。 就職後も、工事現場で使うシステムを企画したり、 開発したりといった仕事をしていたので、建設業で 使えるシステムについては、常に考えています。
思い付いたなかでもニーズが高そうで、かつ工事の 着工から竣工までカバーできるシステムが「Photoruction」です。 ジーズアカデミーのカリキュラムなら、 「Photoruction」の機能を1つずつ完成に導けると思えました。

G’s ACADEMY

なるほど! 入学前から強い想いがあったんですね
プログラミングを学ぶことに対しては どんな心境だったんですか?

中島さん

そうですね… そもそもプログラミングに抵抗がなかったので、 自分で制作することは決めていました。 自分の手で何かサービスを作ってみたい気持ちが 大きかったのです。

G’s ACADEMY

もともとプログラミングはやられていたのですか?

中島さん

小さな頃からITが好きで、小学生の ときにはインターネットで出会った仲間と CGI ゲーム(箱庭諸島など)を改造してホームページに 公開したりもしていました。

G’s ACADEMY

小学生の頃からやられていたんですね!
そこから実際にジーズアカデミーに入学してみての 感想を教えてください

中島さん

ジーズアカデミーには、やる気のある人ばかりが集まります。 そして6ヶ月間の中で、休日や仕事の合間に、厳しい課題を こなしていきます。全員が少しでも何か吸収しようとしていました。

G’s ACADEMY

具体的に思い浮かぶことはありますか?

中島さん

たとえば誰かがフレームワークを使うと、次の週には 全員がその技術を活用しています。 その技術が自分のプロダクトにはマッチしないと判断した人は、 次の週でまた違う技術を使い始めるイメージです。
そのような向上心のある人たちが集まると、全体的に 速いスピードで進化していくことを知りました。 一人では、あのようなスピード感を体感することは できなかったでしょう。環境はとても大事だということを 肌で学ぶことができましたね。

G’s ACADEMY

えふしんさんは、 ジーズアカデミー在学中の中島さんに 対して、どのような印象を抱きましたか?

えふしんさん

前も言いましたけど、とてもマジメな人だな、 と感じましたね。 レポートをきちんと出してきますし、質問もよくします。 彼は仕事場で現場監督をしているので、 プロジェクトマネジメントを経験しています。 仕事柄か、しっかりと自分のことを進めていける タイプですね

G’s ACADEMY

真面目さは、インタビュー中にも ものすごく伝わりました! 他にも何かありますか?

えふしんさん

あとは、「別業界からのレールチェンジができる」 というジーズアカデミーの特徴を活かしているな、 と思いました。彼は建築業界にいて、いわゆるソフトウエアの エンジニアと呼ばれる人ではありません。 しかし、建設業界の知見があり、業界では当たり前とされていた 課題を解決したいと考えました。

G’s ACADEMY

当たり前と思っていたことに 課題感をもって動き出した1人ですもんね!

えふしんさん

そうですね!そして、ITの活用を思い至ったんです。 一方で、もしもweb系の人が建築業界に対して アプローチできるプロダクトを作ろうとしても、 建設業界の知識がないのでニーズがわからず スムーズに進みません

えふしんさん

ジーズアカデミーは、「建設×IT」という彼の アイディアを実現するために、ITの部分で サポートできる環境です。彼のように レールチェンジをする先が、これまでにいた業界と 全く別ではなく、自分のキャリアの延長線上 にあれば、よりビジネスにつながりやすくなります。

G’s ACADEMY

最後に、 ジーズアカデミーの在学生や、入学を検討中の方への メッセージをお願いします。

中島さん

起業や転職を考えている人、プログラミングを 学びたい人にとって、ジーズアカデミーは最適な学校です。 ジーズアカデミーでは、「セカイを変えるGEEKになろう」 をコンセプトとして掲げています。

G’s ACADEMY

中島さんも建設業界のセカイを変えた一人ですもんね。

中島さん

ありがとうございます。 でも、はじめから大きな目標を持っていなかったとしても、 少しずつ自分のことを変えていけば、いずれは本当に 世界を変えられるようなエンジニアになれるのかもしれない、 と思います。
たとえば、プログラミングが書けるようになると、 それだけで自分から見える世界が変わりますよね。 僕自身まだこれからではありますが、実際に小さな変化を 積み重ねて、気が付けばサービスを立ち上げる 段階まできていました。ジーズアカデミーに入学する 多くの方々に、世界を変えるようなGEEKを目指して欲しいです。

この記事は2016年3月に記載されたものです。

【前編はこちら】

ジーズアカデミーでキャリアのレールチェンジを実現 工事写真共有ホスティングサービスPhotoruction中島貴春氏×えふしん氏【前編】

【関連記事】
※ GLOBAL GEEK AUDITION Vol.1 開催!結果発表!
※ ジーズアカデミー最大のイベント『GLOBAL GEEK AUDITION Vol.2』が開催されました!

ライター:流石 香織
撮影・編集:齋藤 玲乃

#GLOBAL GEEK AUDITION
#Photoruction
#えふしん
#スタートアップ
#ベンチャー
#中島貴春

 

RESERVATION

学校説明会(無料)予約

まずはここから。仕事がある方も参加しやすい平日夜・土日に開催!オンライン説明会も選択できます。

4月生募集中!学校説明会はこちら