COLUMN

《GGA優勝者コラム》
G’s ACADEMYで
人生が変わりました
“G’sで得た7つのコト”

GGA

 

こんにちは!ジーズアカデミースタッフの藤井です。
2022年5月に開催した、東京・福岡・札幌・山口合同の『GLOBAL GEEK AUDITION』。

優勝を勝ち取ったUNIT_SAPPOROの諏訪 実奈未さんより、ジーズアカデミーでの生活を振り返ったブログを寄稿いただきました!

ジーズアカデミーご入学を考えている方はぜひ、ご覧ください。

 

諏訪さん

諏訪 実奈未さん UNIT_SAPPORO DEV4期卒

Minami Suwa

慶應義塾大学総合政策学部2017卒業。ハーバード大学主催の国際会議に日本代表として参画。ケンブリッジ大学のボーディングスクールを経験し、女性向けマーケティング事業・キャンパスラボを展開。外資系コンサル企業に2017年入社。大手金融機関のシステム導入に携わる。
2歳児の母でもあり、妊婦から現在まで保育領域バーニングポイントに複数回触れ、プログラミングを猛勉強。
Facebook
https://www.facebook.com/minami.suwa.98/
Twitter
https://twitter.com/GSsuwaminami

みなさま、 G’s ACADEMY SAPPORO 週末集中DEVコース第4期(以下DEV4期)卒業の諏訪実奈未です。
2022年5月に行われたG’s ACADEMYのピッチコンテスト “GLOBAL GEEK AUDITION(グローバルギークオーディション)で優勝しました。

私がG’sに入学してから得た“7つのこと”を皆様にお届けしたいと思います。
チャレンジしたいと考えている方にぜひ読んでいただきたいです。

 

 

目次

①想いを、こだわりを形にするスキル

②習慣化スキル

③コミュニティがあるからこそ挑戦できる

④学び方にもチャンスが溢れている

⑤論より行動文化が当たり前になる

⑥プログラミングは、人生の投資である

⑦全国の仲間とのシナジー効果

①想いを、こだわりを形にするスキル

入学前は、アイデアがあっても実際に形にすることができませんでした。
世の中には素晴らしい課題とアイデアを持つ方が多くいらっしゃいます。しかし、良いソリューションを想い描いていても、それを形にして、ユーザーやバーニングポイントに届けることができなければ、ただの構想に終わってしまいます。
一方で、言語化しようのない熱量・こだわりをご自身でCodingして形にすることができたらどうでしょうか。
形にすることで初めてニーズ化するもの、解決できる問題、共感者があります。実現に向けて前進することができます。

 

私の場合は、保育領域のバーティカルSaaSサービスですが、GGAまでに実際に何名もの保育施設や保護者に触ってもらいフィードバックや共感をいただくことができました。
想いやこだわりを形にするスキルが得たことの1つ目です。

 

②習慣化スキル

入学後に得たのは習慣化スキルです。 1週間・1日の短いスパンでインプットとアウトプットサイクルも繰り返す習慣です。
G’s ACADEMYのDEVコースは1週間毎に1段階ずつ技術スキルをインプット・アウトプットするカリキュラムになっているため、カリキュラム自体がGGAまでのマイルストーンとなっていました。
入学後の習慣は以下の通りです。

 

・4:30 起床Coding /BGMでオーディオブックでナレッジインプット

・7:00 家族が起床したら家事(母モードに切り替え)

・8:00-9:00 会社・自宅への移動時間はオーディオブックでナレッジインプット

・9:00- 仕事(お昼休みはCodingをはじめとしたアウトプット)

・18:00-20:00 家事(母モードに切り替え)

・20:00-22:00 寝かしつけ後にCoding(眠気の限界まで)

 

“前日よりも1つ以上の技術を身につける101%の成長率”を目標に過ごしました。
振り返った際に6ヶ月で200%近い成長率になります。
“今日が人生で最も若い!”ということで1日を存分に使い倒していきましょう。
習慣化が得られた財産です!

 

③コミュニティがあるからこそ挑戦できる

G’s ACADEMYの大きな特徴はコミュニティだと思います。
日本全国のLAB生、DEV生の縦と横の繋がりがあります。この繋がりに何度も助けられ、ヒントを得るきっかけともなりました。
また、卒業制作期間はメンター制度があり、多くのフィールドで活躍されている方からFBを得ることができます。

私は、sweeep Inc.の平下CTOにメンタリングをしていただきました。
平下さんからのFBおよびスクラム開発を通して、技術力の底上げを図ることができました。
“経験と人材は変えることのできない大きな財産”と言われますが、その両方が手に入る、それがG’s ACADEMYだと思います。

 

 

④学び方にもチャンスが溢れている

アクティブラーニングの学び方です。これは、プログラミングに苦手意識を持っていた私に合致していました。
質問をすれば、SlackやGatherでメンター・チューターさん・仲間がエラー対処法のTipsをくれる。そして、時には自分が教え手になることで、自然と知識が自分のものになります。また、自信にも繋がりました。
エラーが出て、時間が経ってしまうとやる気の喪失につながります、しかし、エラーを呟けばオンラインの仲間が手助けしてくれる、自分が手伝いにいける。そんな仲間と助け合いながらの環境は他にはありません。
知識を“自分のものに・仲間のものに”してどんどん成長していきましょう!

⑤論より行動文化が当たり前になる

失敗が成功のものになる、成功は成功の元になるというエンジニア思考が前提にあるので、論より行動が文化として根付いています。
短期間で成功と失敗を数えきれ無いほど繰り返しました。

成功体験が自信につながります。失敗経験が学びをもたらしてくれます。学びが成長のもととなります。成長痛をみなさんにもたくさん感じてほしいです!
動かなければ何も得ることもないです。“論より行動(Code)で飛躍の種まき”をいたしましょう!

⑥プログラミングは、人生の投資である

働くというと最もイメージしやすいのが、自分の時間を売るような時間対労働です。
一方でプログラミングは、知識と経験というリターンが増える投資です。つまり、プログラミングをしている時間自体が投資と言えます。
“知識の資産に投資する、投資しながら生きる”ことほど幸せなことはありません。

⑦全国の仲間とのシナジー効果

東京、ジーズアカデミー福岡、ジーズアカデミー UNIT_SAPPORO・UNIT_YAMAGUCHIと全国に拠点があります。そして、そこで生まれるシナジー効果はとても大きいです。
私は、卒業制作からGGAまでの期間は、札幌校の同期の那珂慎二さんとペアを組んで、壁打ち会を何度も実施しました。
そこで得られたのは、1人では遂行できなかった行動力やモチベーションの維持に繋がりました。
今でも壁打ちにお付き合いいただいた全国の同期、先輩に感謝をしています。私にとっても大きな財産です。

 

Simplee main

 

 

G’sで得た知見・仲間・経験全てが大きな財産です。
最後に、私にできることがあればいつでもFBなどでご連絡ください。喜んでお力添えいたします!
人生を、社会を、世界を変えるGEEKをともに目指しましょう。
共に挑戦する皆様のお目にかかれる日を心待ちにしております。

諏訪実奈未

 

 

RESERVATION

学校説明会(無料)予約

まずはここから。仕事がある方も参加しやすい平日夜・土日に開催!オンライン説明会も選択できます。

4月生募集中!学校説明会はこちら